2018年8月19日(日)

果実の穏やかな香りの酒 花の舞酒造、女性・若者向け

サービス・食品
南関東・静岡
2018/6/12 22:13
保存
共有
印刷
その他

 酒造会社の花の舞酒造(浜松市)は果実のような穏やかな香りが楽しめる日本酒「香る純米酒」を15日に発売する。女性や若年層でも飲みやすいようアルコール度数は日本酒としては低めの14.5%に抑えた。

アルコール度数は低めにした

 原料米は麹(こうじ)の原料となる麹米、もろみを仕込むために使う掛米(かけまい)ともに静岡県産の米を100%使用。大吟醸酒や吟醸酒で一般的な「協会酵母1801」を酵母として使うことで、口に含んだ時にマスカットや洋ナシのようなフルーティーな香りを実現した。

 香りは華やかながら淡麗辛口でくどくならずに長く飲めるほか、さっぱりした料理に合うという。価格は720ミリリットルが1188円で1800ミリリットルが2376円。スーパーなどで販売する予定。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報