/

この記事は会員限定です

NTTアドが動向解析 訪日客見える化

[有料会員限定]

NTTグループの広告会社エヌ・ティ・ティ・アド(NTTアド、東京・品川)は、SNSへの投稿と全地球測位システム(GPS)の位置情報の分析を組み合わせ、九州各県を訪れる外国人観光客の動向を解析した。先端技術で旅行者の嗜好まで読み解こうとしている。観光消費の拡大を目指す各地の戦略づくりに参加して成果をあげるのが目標だ。

「熊本県を訪れる外国人は食事や芸術のほか、意外にも都会が好きな人が多い」。NTTアドが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1044文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン