2018年6月24日(日)

無許可で処方薬保管容疑 中国人ら9人逮捕、大阪府警

社会
2018/6/12 20:07
保存
共有
印刷
その他

 無許可で医師の処方箋が必要な医薬品を販売目的で保管したとして、大阪府警生活環境課などは12日までに、中国籍の男女ら9人を医薬品医療機器法違反(販売目的貯蔵)容疑で逮捕した。同課は約14万点の医薬品を押収。日本の医薬品は中国で人気が高く、同課は訪日した中国人観光客に販売したり海外に郵送したりしていたとみている。

 逮捕されたのは貿易会社「プロフェット」(大阪市西成区)社長、張金利容疑者(35)=堺市堺区中安井町2=ら。同課によると、張容疑者は「2017年12月ごろから売っていた」と供述しており、裏付けを進める。

 張容疑者らの逮捕容疑は共謀し、18年5月、同社事務所で医薬品1箱を許可を得ず販売目的で保管した疑い。

 他に逮捕された別の会社役員、李鵬容疑者(28)=大阪市中央区瓦屋町2=は同社から医薬品を仕入れていたとみられる。無料対話アプリを使い、日本の医薬品が手に入ることを中国人に宣伝していたという。同課は医薬品を入手した経路なども調べる。

保存
共有
印刷
その他


[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報