2018年8月18日(土)

「ららぽーと名古屋」に217店 オープンは9月28日

住建・不動産
中部
2018/6/12 21:30
保存
共有
印刷
その他

 三井不動産は12日、名古屋市港区の再開発地区で建設中の商業施設「ららぽーと名古屋みなとアクルス」が9月28日にオープンすると発表した。カフェ併設の複合店舗「蔦屋書店」など217店が入る。蔦屋は愛知、岐阜、三重の中部3県で初めての出店となる。

 ららぽーと名古屋は敷地面積が8万3200平方メートルと広大で、店舗棟と立体駐車場が建つ。商業施設は地区の東側に立地し、217店のうち49店が県内初の出店で幅広い世代の集客を目指す。西側の芝生広場にはテント型の屋外会場を設置し、ライブイベントなども開催できる。

 蔦屋書店は2階建てで商業施設と廊下でつながる。書籍だけでなく、カフェも楽しめる。3階にはフードコートがあり、津市の老舗松阪牛専門店「朝日屋」のステーキ店が初出店する。セミナーなどが開ける多目的スペースも併設した。ファミリーゾーンでは親子カフェなどが出店する。

 再開発地区「みなとアクルス」は東邦ガスの港明工場の跡地で、2015年から再開発を進めてきた。同地区は商業施設の開業に先立ち、9月25日に街開きを行う。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報