/

4年前の雪辱胸に W杯頂点狙うブラジルの覚悟

サッカージャーナリスト 沢田啓明

エースのネイマールはW杯に間に合った=ロイター

「きょうの試合の内容に満足している。このチームを率いてワールドカップ(W杯)に臨めることを誇りに思う」。6月10日、サッカーのW杯ロシア大会前最後の強化試合を終えたブラジル代表のチチ監督の顔は輝いていた。

2月末に右足首を故障して手術し、長期間のリハビリを重ねて懸命に体調を整えてきたネイマール(パリ・サンジェルマン)も、満面の笑顔だった。

開幕控えエースら仕上がり順調

「またこうしてプレーできて、とても幸せだ。体調はまだ8割くらい。W杯ではもっといいプレーができる」

監督とエースの表情と言葉がW杯に臨むブラジル代表の仕上がり具合を雄弁に物語っていた。

ブラジル代表は5月21日からリオ郊外の代表トレーニングセンターで第1次合宿を、27日からロンドンに場所を移して第2次合宿を行った。右SBの絶対的レギュラーでチームリーダーの一人でもあったダニエウ・アウベス(パリSG)が故障でW杯登録メンバーから外れたのは痛く、数人の控え選手は小さな故障を抱えていたが、ネイマールを含む主力は順調な調整を続けた。

6月3日、リバプールでクロアチア代表と調整試合。陣形は4-1-4-1でネイマールを後半へ温存し、2列目が右からビリアン(チェルシー)、パウリーニョ(バルセロナ)、フェルナンジーニョ(マンチェスター・シティー)、コウチーニョ(バルセロナ)で、ガブリエルジェズス(マンチェスター・シティー)の1トップ。右SBにはダニーロ(同)が入った。

ブラジル代表のロシア入りを歓迎するサポーター=ロイター

前半、ブラジルはクロアチア選手の厳しいマークに攻撃の組み立てを封じられたが、後半開始時からネイマールがフェルナンジーニョに代わって出場すると流れが一変した。左サイドでSBマルセロ(レアル・マドリード)、コウチーニョ、ネイマールが華麗なパス回しでクロアチア守備陣を翻弄し、ゴール前左サイドでパスを受けたネイマールがフェイントでDFをかわすと、手術をした右足で豪快なシュートをたたき込んだ。試合終了直前にも、後方からのロングパスをゴール前で受けたCFフィルミノ(リバプール)が加点した。守備陣もミランダ(インテル)とチアゴシウバ(パリSG)の両CBの出来が素晴らしく、相手の攻撃を抑え込んだ。ただし、右SBダニーロは守備は無難にこなしたが、攻撃参加が物足りなかった。

10日にはウィーンでオーストリア代表と対戦。ブラジルはネイマールが故障後、初めて先発。2列目の並びは右からビリアン、パウリーニョ、コウチーニョ、ネイマールで、クロアチア戦前半よりも攻撃的になった。

序盤は体格で勝るオーストリア選手の激しい当たりに苦しんだが、ガブリエルジェズス、ネイマール、コウチーニョの得点で3-0と快勝した。クロアチア戦で後半だけ出場したネイマールはこの試合では83分間プレー。個別のプレーでもほかの選手との連携でも、長期間離脱によるブランクをほとんど感じさせなかった。

攻撃陣はネイマールを含む全員が好調で、連携も完璧に近い。

守備陣はアンカーと両CBが安定している。時折、攻め上がったSBの背後を突かれてピンチを招くことがあるが、ほとんどの場合はCBとボランチが対応して決定機をつくらせない。右SBとしては規格外の攻撃力を持つダニエウ・アウベスがいないのはやはり痛手だが、好調な攻撃陣が全体でカバーしようとしている。

ブラジルの1次リーグの日程は17日がスイス戦、22日がコスタリカ戦、27日がセルビア戦。最初に対戦するスイスが最も手ごわい。1次リーグを首位で突破すれば7月2日、F組2位と当たる。メキシコかスウェーデンとなる可能性が高いが、仮にドイツが2位通過なら前回大会準決勝のカードの再現となる。

1次リーグの中堅国相手の試合では、オーストリア戦と同じ攻撃的な布陣で臨むはず。決勝トーナメント1回戦以降の強豪国相手には2列目にフェルナンジーニョを入れて守備を強化することが考えられる。だが1次リーグで波に乗れば、その後も同じメンバーで押し通すかもしれない。大会に入ってから、チチ監督が個々の選手のコンディションと対戦相手の状態を見ながら判断するのではないか。

衝撃癒え精神的にもたくましく

前回大会では、自国開催で優勝を義務付けられていることによる心理的な重圧に押しつぶされた。しかし、その後、少しずつ惨敗の衝撃から立ち直ってきた。精神的にもたくましくなっており、仮にW杯で厳しい状況に置かれても4年前と同じことは起こらないはずだ。

2016年6月のチチ監督就任以降、南米予選、その後の2度の欧州遠征、そしてW杯直前の準備まで、ほぼ理想的に推移してきた。このようなことはブラジルほどのサッカー大国でも珍しい。

とはいえ、サッカーではW杯では何が起きるかわからない。たった一つのミスが失点に、そして敗戦に結びつく。そのことも監督、選手は熟知している。

ブラジル国民は代表が4年前の屈辱をロシアの地で晴らしてくれることを切望する。国中に「これから1カ月間、俺たちもセレソンと一緒に頂点を目指して闘うのだ」という気概が充満している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン