2019年7月22日(月)

光照射でがん細胞狙い撃ち 体外実験で死滅、甲南大

2018/6/12 16:44
保存
共有
印刷
その他

特定の化合物を皮膚がんや白血病のがん細胞に結合させ、光を当てることで、がん細胞だけを狙い撃ちして死滅させることができたと、甲南大(神戸市)の三好大輔教授(分子設計化学)のチームが11日付の英科学誌電子版に発表した。

体外での実験結果だが、増殖や転移を抑える治療法の開発につながると期待される。

チームは、がん細胞の増殖や転移を促進する「NRAS」というタンパク質に注目。NRASの構造は球状で、他の物質が結合できる部位がほとんどないため、NRASを標的にした医薬品の開発は難しかったという。

だがNRASの遺伝情報を伝える「NRASmRNA」には四重らせん構造があり、「ZnAPC」という化合物が結合できることを突き止めた。この化合物は光を当てると、NRASmRNAを分解するほか、活性酸素を発生させ、がん細胞を破壊できる。

実験では、人の乳がん細胞にZnAPCを加え、人体に影響の少ない近赤外光を当てると、NRASの産生量が減り、ほとんどのがん細胞が死滅したという。

光を照射し、がん死滅を狙う研究は国内外で進んでいるが、チームの手法は病巣深部のがん細胞にも効果的としている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。