日本サッカー世界への挑戦

フォローする

W杯ロシア大会の歴史的位置づけを考える
サッカージャーナリスト 大住良之

(1/3ページ)
(1/3ページ)
(1/3ページ)
2018/6/14 6:30
保存
共有
印刷
その他

4年に1度、世界を熱狂させるサッカーのお祭り、国際サッカー連盟(FIFA)ワールドカップが14日、始まる。ロシアの11都市、12スタジアムを舞台に繰り広げられる大会は7月15日の決勝まで、世界の耳目をくぎ付けにする。

2018年ロシア大会は1930年に始まったワールドカップの第21回大会。欧州の地で11回目の大会である。しかし過去10回の欧州での大会はすべて「旧西側」の国での開催で、「旧東側」で…

保存
共有
印刷
その他

W杯関連のコラム

電子版トップスポーツトップ

日本サッカー世界への挑戦 一覧

フォローする
川崎は即戦力新人の旗手(中央)ら、生きのいい若手がどんどん伸びている=共同共同

 28シーズン目のJリーグが21日に開幕する。
 J2に降格したジュビロ磐田と松本山雅に代わって柏レイソルと横浜FCが昇格、18クラブによる12月5日までの34節、全306試合の熱戦が始まる。
 今季はビ …続き (2/20)

神戸は広州恒大との試合が3月から5月に延期された=共同共同

 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)はプレーオフを終えて「グループステージ」出場の32チームが出そろい、2月10日にスタートの予定だった。しかし突然、第1回大会以来の危機が襲いかかってき …続き (2/6)

VAR判定でレッドカードを受け退場処分となる田中碧(左)=バンコク(共同)共同

東京オリンピックへの出場権をかけたアジアU-23選手権は、まだタイで続いている(決勝は1月26日)。しかしそこに日本代表の姿はない。グループリーグB組でサウジアラビアとシリアにともに1-2で連敗し、そ …続き (1/23)

ハイライト・スポーツ

[PR]