/

外したシート「盾」に 新幹線殺傷、逃げる乗客

東海道新幹線で乗客の男女3人が殺傷された事件で、逃げる乗客が座席シートの一部を取り外して「盾」にしていたことが12日、分かった。乗客の使用は本来の想定ではないものの、非常時に身を守る手段になり得る。

3人殺傷事件が発生した東海道新幹線車内で、シートの一部が取り外された座席(9日)=乗客提供・共同

「刃物だ」「助けて」。事件直後のパニック状態の中、現場の12号車から遠ざかろうと他の車両になだれ込んだ乗客の中には、シートを手にした人が複数いた。

JR東海によると、取り外せるのは座席シートのうち、おしりの下の「座面」部分。工具は使わずに普通の力で引き上げると外れ、持ち運べる重さという。座席に飲み物をこぼしたり汚したりした場合、乗務員や清掃員が外して交換する。

同社は乗務員に対し、不審者に対応する際、座席シートやかばんで距離を取って防御するようマニュアルに基づいて指導。ただ、マニュアルは乗客が取り外すことには触れていない。

逮捕された小島一朗容疑者(22)は、刃物で次々と乗客に切り付けた。今回、JR側からどういう指示があったかは明確でないが、車掌が乗客にシートを外して身を守るよう呼び掛けていたとの情報もある。

山陽新幹線を運行するJR西日本は事件を受け、乗務員に有事の際、シートの活用を指導する方向で検討を始めた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン