2019年9月22日(日)

テーブルマークの魚沼新工場 冷凍うどん生産自動化
(信越ビジネス最前線)

2018/6/12 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

テーブルマークが4月に稼働させた魚沼水の郷工場第2工場(新潟県魚沼市)は、冷凍うどんの主力工場だ。約87億円を投じた工場では、副原料や資材供給などこれまで従業員が手掛けていた一部の作業工程を含め全工程を自動化。県内で少子高齢化に伴う人手不足が進む中、国内シェア1位を誇る冷凍うどんの生産効率を高める戦略だ。

工場に設置された冷凍うどんの生産ライン。主原料の小麦粉や塩、水にでんぷんを混ぜ合わせた生地…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。