/

この記事は会員限定です

インドネシア副大統領「TPP11に参加の意思」

[有料会員限定]

インドネシアのユスフ・カラ副大統領は12日、国際交流会議「アジアの未来」(日本経済新聞社主催)で講演した。米国を除く11カ国による環太平洋経済連携協定(TPP)について「インドネシアは参加する意思がある」と明言。安倍晋三首相が外交戦略として打ち出している「自由で開かれたインド太平洋戦略」については「協力していきたい」と支持する立場を明らかにした。

カラ氏は11カ国によるTPP(TPP11)に関して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り216文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

アジアの未来

日本経済新聞社は2021年5月20、21日の両日、「アジアが拓く新時代 新型コロナ禍の先へ」をテーマに第26回国際交流会議「アジアの未来」を都内で開催し、オンラインで配信します。

第26回 開催概要

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン