2018年8月21日(火)

インスタからEC誘導、サイバー・バズが代行

科学&新技術
BP速報
2018/6/12 20:00
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

インスタグラムの「ショッピング機能」運用代行サービスの画面(出所:サイバー・バズ)

インスタグラムの「ショッピング機能」運用代行サービスの画面(出所:サイバー・バズ)

 サイバーエージェントグループでデジタルマーケティング事業を手掛けるサイバー・バズは2018年6月11日、写真共有サイト「インスタグラム」上での電子商取引(EC)運営を代行するサービスを始める。インスタグラムが6月5日に始めた商品販売機能を利用する企業を対象に、導入や販促を支援する。

 インスタグラムが企業ユーザー向けに提供を始めた「ショッピング機能」のアカウント運用を代行する。ショッピング機能は企業がインスタグラムに投稿した自社商品の写真から外部のECサイトへ利用者を誘導し、商品販売につなげるための機能。

 インスタグラム利用者がスマートフォンの画面などで写真をタップすると商品名と価格が表示される。次いで外部のECサイトに移り、商品の購入手続きをする。従来は購入意欲を喚起したりブランドイメージを高めたりするためにインスタグラムを利用する企業が多かったが、ショッピング機能を使うことでより商品販売につなげやすくなった。

 化粧品や美容用品、アパレルやアクセサリーなど「インスタ映え」する商品を主に想定する。サイバー・バズは同機能の導入や写真の制作、商品説明文やハッシュタグの作成、コンテンツの投稿、販売効果の検証などを代行する。商品の在庫管理や販売管理、受発注管理などECサイト側の業務は対象外。料金は初期費用が50万円、月額費用が50万円から。

(日経 xTECH/日経コンピュータ 玉置亮太)

[日経 xTECH 2018年6月11日掲載]

保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報