2019年3月23日(土)

カウントダウン東京2020

フォローする

日本版NCAAが機能するために必要なもの
編集委員 北川和徳

(1/2ページ)
2018/6/13 6:30
保存
共有
印刷
その他

日本大学アメリカンフットボール部の悪質タックル問題では、2019年春に設立予定の学生スポーツの統括組織「日本版NCAA」(仮称)にも注目が集まった。設立の音頭をとるスポーツ庁の担当者も「これまでにないほど学生スポーツの改革に関心が高まっている」と話す。

大学のスポーツ部は組織としてのガバナンス(統治)が利きづらいためしばしば不祥事が発覚する。学生の自主的な課外活動とされ、大学側が直接的な関与を避ける傾向にあるためだ。安全対策の不備による事故も少なくない。日大はスポーツを使ったブランディングを積極的に展開しており、スポーツ部への大学の関与は高いのだが、実際のアメフト部の運営は大学の常務理事でもあった前監督が独裁的に行っていた。その意味ではガバナンスの利かない典型的な日本の大学のスポーツ部だったともいえる。

米国の学生スポーツではバスケなどの花形カードはプロに負けない人気を誇る=AP

米国の学生スポーツではバスケなどの花形カードはプロに負けない人気を誇る=AP

モデルの米国と全く異なる事情

スポーツ庁によると、日本版NCAAは全国の200大学と40の学生競技団体での設立を目指している。かなり大規模で多数のスポーツを網羅した組織になりそうだ。とはいえ、統括組織ができればそれで日本の大学スポーツの改革が実現に向かうというわけではない。モデルとした米国とは事情がまったく違う。

米国の学生スポーツではアメフトやバスケットボールの花形カードはプロに負けない人気を誇る。本家NCAAは100年以上の歴史があり、各スポーツのリーグ(カンファレンス)やそこに参加する大学を指導する強い権限を持つ。年間約1000億円の収入があり、安全対策やスポーツと学業の両立する環境整備に取り組む。また、人気チームを持つ大学は試合のチケット、スポンサー料などで資金を稼ぎ、それをスポーツを含めた学内施設の拡充に投資する。一部の大学にとってスポーツチームが大きな収入源となっている。アマチュアである学生選手から報酬を要求する声があがるなど、商業化の行き過ぎが問題となっているほどだ。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

電子版トップスポーツトップ

カウントダウン東京2020 一覧

フォローする
19日午後、JOC理事会に出席した竹田会長(中央)

 日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)の2019年6月での退任が決まった。JOCが竹田氏の続投を前提に「選任時に70歳未満」と定められた役員の定年規定の改定を検討したことで竹田降ろし …続き (3/20)

東京マラソン22キロ付近で先頭集団から遅れる(左から)中村、大迫=代表撮影

 2020年東京五輪のマラソン代表選考会となるグランドチャンピオンシップ(MGC)の出場権をかけた国内の各大会が終了した。1年半余りのシリーズで低迷が続いていた日本の男子マラソンは活性化した。 …続き (3/13)

スポーツ庁の鈴木大地長官(左)にUNIVAS設立を報告する鎌田薫会長=共同共同

 大学スポーツ協会(UNIVAS)が発足した。ガバナンス欠如やリスク管理などさまざまな問題を抱える日本の学生スポーツの改革へ期待がかかる。ただ、大きな成果につなげるには難題が残っている。 …続き (3/6)

ハイライト・スポーツ

[PR]