米朝会談の拡大会合、ボルトン氏も参加

2018/6/12 10:58
保存
共有
印刷
その他

【シンガポール=中村亮】12日の米朝首脳会談の拡大会合には、北朝鮮の完全非核化を先行するよう訴えてきたボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)が参加した。北朝鮮は対朝強硬派のボルトン氏を「人間のくず」などと厳しく非難した経緯があり、一時は会談から外されるとの見方も出ていた。

拡大会合にはポンペオ米国務長官も参加。米朝の実務者協議を仕切ってきたソン・キム元駐韓米大使(現フィリピン大使)や米国家安全保障会議(NSC)のポッティンジャーアジア上級部長は昼食会から参加した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]