2018年10月19日(金)

卵表記なく1人体調不良 名古屋市の野外教育施設

2018/6/11 17:05
保存
共有
印刷
その他

名古屋市教育委員会は11日、市野外学習センター(愛知県豊田市)で特定原材料などを利用者に提示する食材内訳表に卵使用の表記漏れがあり、5月上旬に鶏の唐揚げを食べた名古屋市立高の女子生徒が体調不良を訴えていたと発表した。症状は軽く、既に回復した。

市教委によると、唐揚げはセンターの運営と管理を委託された業者が味付けをし、衣を付けたものを他の外部業者から仕入れ、調理室で揚げていた。表記漏れは5月24日に市立高の別の生徒が食事前に卵使用の有無について担任を通じて管理業者に確認し、発覚した。

センターでは2016年11月以降、この唐揚げを提供。女子生徒を含め、卵アレルギーがある市立高の生徒19人と一般利用の子ども2人が食べていた。市教委は、健康被害は確認されなかったとしている。

市教委は対象者全員と保護者に経緯を説明し謝罪した。「施設や業者に食材と食材内訳表の定期的な確認を徹底させたい」と説明している。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報