/

この記事は会員限定です

「マスクがやるなら」 リスクに乗る者たち

[有料会員限定]

電気自動車(EV)事業では足踏みするが、イーロン・マスクが手がける事業はそれだけではない。宇宙開拓や脳研究など、マスクが広告塔として注目を集めることで、リスクが高く成功の確率が低いとみられていたベンチャーを勇気づけ、そこに資金の流れができはじめている。「マスク効果」による、新しい長期投資の形だ。

脳にチップを埋める

シリコンバレーの中心部であるサンノゼからすこし外れた地味なオフィスビル。羊の頭蓋骨が雑然と並ぶ不気味な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3536文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

イーロン・マスク氏の錬金術

電気自動車、宇宙ロケット、巨大な太陽光発電、地下トンネル計画――。壮大なプロジェクトを次々に実行に移す起業家、イーロン・マスク氏がピンチだ。主力事業のテスラは計画の未達が相次ぎ、資金繰りを危ぶむ声もある。シリコンバレーのヒーローは大丈夫なのか。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン