5月の工作機械受注額15%増 18カ月連続増
一部で頭打ち感も

2018/6/11 16:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本工作機械工業会(東京・港)が11日発表した5月の工作機械受注総額(速報値)は前年同月比14.9%増の1492億3800万円だった。5月として過去最高を更新、18カ月連続の前年越えとなったが、一部には頭打ち感も漂い始めた。スマートフォン(スマホ)向け特需のあった2017年6月は高い受注を記録しており連続増が止まる可能性もある。

好不況の目安とされる受注額1000億円は19カ月連続で上回った。受…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]