2018年6月25日(月)

勝負はこれから

フォローする

大谷翔平の異次元投球に潜む異次元リスク
編集委員 篠山正幸

(1/2ページ)
2018/6/12 6:30
保存
共有
印刷
その他

 先発として160キロ前後の球を投げ続けるという営みが、どれだけ肉体に負担を強いるのか。大谷翔平(エンゼルス、23)の故障は、異次元の投球に伴うリスクの大きさをうかがわせる。

 8日(日本時間9日)、大谷は右肘の内側側副靱帯損傷で、10日間の故障者リストに入った。

大谷(右)は日本ハム時代から中指のマメに悩まされていた=AP

大谷(右)は日本ハム時代から中指のマメに悩まされていた=AP

 打者としての復帰に大きな支障はないと思われるが、投手としては10日間の欠場で済むものではなく、3週間は投げずに回復に努めるという。

 投手としては9試合に先発し、4勝1敗、49回1/3で自責点17、防御率3.10。打者としては34試合に出場し、114打数33安打、打率2割8分9厘、6本塁打、20打点というところでの離脱となった。順風満帆に見えたメジャー1年目、思わぬ試練に見舞われることになった。

 肘の靱帯損傷はダルビッシュ有(カブス)や田中将大(ヤンキース)も悩まされたもので、投手の職業病といっていいものだろう。現在では症状に応じた治療法が確立されており、そう悲観することはないのかもしれない。

中指のマメの問題も気がかり

 ちょっと気がかりなのは直近の登板となった6日のロイヤルズ戦で訴えた中指のマメの問題だ。日本ハム時代から悩まされていた症状で、体全体にためこんだ力を球に伝えるラストのポイントであるだけに、やっかいかもしれない。大谷のマメは血豆のタイプではなく、乾燥気味の指先の皮膚がかさかさになってはがれる症状だといわれる。

 160キロの球を制御しながら、投げ続けることがいかに大変なことか。そう考えていて思い出したのが、以前聞いた、打撃マシン製作の巨匠の話だった。

 千葉県栄町で吉田加工所を営む吉田義さん。アーム式の打撃マシンの製造では日本の第一人者といわれ、製品は日本のプロ、アマほか、メジャーの球団にも愛用されている。

 吉田さんはかつてNHKの番組で超高速の世界をマシンを使ってスタジオで再現するという企画に関わったことがある。メジャーの速球王だったランディ・ジョンソンの来日に合わせたものだったという。

 吉田さんは早速160キロ超えのマシンの製作にとりかかったが、困難を極めた。

 単純にバネの強度を高めるなら簡単だが、そうではない。幾何級数的に難度が上がっていくのだ。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

勝負はこれから 一覧

フォローする
大谷(右)は日本ハム時代から中指のマメに悩まされていた=APAP

 先発として160キロ前後の球を投げ続けるという営みが、どれだけ肉体に負担を強いるのか。大谷翔平(エンゼルス、23)の故障は、異次元の投球に伴うリスクの大きさをうかがわせる。
 8日(日本時間9日)、大 …続き (6/12)

上沢は「力感のないところから、ぴゅっとボールがいくのが僕の持ち味」という=共同共同

 見るからに恐ろしげな剛速球なら、対処のしようもある。見た目の迫力はさほどでなく、球速表示も平凡でありながら、打者を詰まらせる速球があるとすれば、その方がやっかいだろう。そんな錯視の術を持つ日本ハム・ …続き (5/29)

2月、キャンプ地を訪れた野球評論家の権藤博氏(手前)と談笑する石井琢コーチ

 既視感に襲われたのは今年2月、ヤクルトの浦添(沖縄県)キャンプを取材したときだった。同時進行で何人も打ち込める打撃練習の工夫が施され、手持ち無沙汰にしている選手がいない。この風景、どこかで見たぞ…… …続き (5/15)

ハイライト・スポーツ

サッカーワールドカップ2018

[PR]