2018年10月17日(水)

大日本印刷、地銀にコンサル業務

2018/6/11 12:35
保存
共有
印刷
その他

大日本印刷は11日、地方銀行向けに業務の分析から改善の実行までを手がけるコンサルティングサービスを提供すると発表した。預金や融資分野の業務を可視化し、中核業務の生産性を高めるほか、人工知能(AI)を活用して業務の負担軽減につなげる。2021年3月期までに約50億円の売り上げを目指す。

地銀の業務のリスクチェックを通じて業務を可視化する。業務手順の設計を見直し、そのための実行計画を策定する。中核業務に付随する業務はAIや、事務作業を請け負うビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)の利用を促し、地銀の従業員が中核業務に注力できる環境を整備する。

人口減少や金利の低下などが地銀の収益を圧迫しており、大日本印刷は業務の見直しの根強い需要があると判断した。大日本印刷は約2500社からBPO事業を請け負っており、培ったノウハウを提供する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報