/

花角次期新潟知事、原発再稼働「検証踏まえ判断」

10日投開票の新潟県知事選で初当選した前海上保安庁次長の花角英世氏(60)は11日朝、新潟市内で報道陣の取材に応じた。東京電力柏崎刈羽原子力発電所(新潟県)の再稼働については「(県の検証委員会に)検証作業を続けてもらい、一定の検証結果を示していただき、それを踏まえてしっかり判断する」と述べた。

検証作業のスケジュールについては「どのぐらいかかるのかまだ、私自身もつかんでいない。これからしっかり(検証作業の)議論の状況をうかがう」と述べるにとどめた。

花角氏は選挙期間中から再稼働に関して慎重に判断する姿勢を示してきた、検証後の再稼働同意の判断に関して「県民の皆さんの意思を確認する」と強調。再稼働の判断を争点に出直し知事選を実施し、県民の信を問う可能性を改めて示唆した。

今後の県政運営については「まずは暮らしやすい、安心して暮らせる新潟県づくりと経済がしっかり動いている活力のある新潟県、この2つをめざしていきたい」との考えを示した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン