2018年6月23日(土)

米軍F15戦闘機が那覇沖に墜落 パイロットを救出

政治
九州・沖縄
2018/6/11 10:11
保存
共有
印刷
その他

 沖縄県の米軍嘉手納基地(嘉手納町など)所属のF15戦闘機1機が11日午前、那覇市沖の海上に墜落した。搭乗していたパイロットは緊急脱出し、航空自衛隊が救助した。パイロットはけがをしているものの、意識はあり命に別条はないという。搭乗していたのはパイロット1人で、訓練中だった。米軍が詳しい原因を調査している。

米軍のF15戦闘機=ロイター

 小野寺五典防衛相は防衛省で記者団に沖縄防衛局を通じて米側に安全管理の徹底と再発防止を申し入れたと明らかにした。「米軍機の事故が繰り返し起きている。飛行の安全を求めていきたい」とも語った。

 防衛省や米軍によるとF15は午前6時半頃、那覇基地(那覇市)の南、約80キロの海上に落ちた。空自は救難ヘリなどを出動させ約1時間後にパイロットを救出。パイロットはその後、米軍キャンプ・フォスター(沖縄市など)に搬送された。

保存
共有
印刷
その他


[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報