/

マークセンが今季2勝目 スターツシニア

男子ゴルフのシニアーツアー今季第5戦、スターツシニア最終日は10日、茨城県スターツ笠間GC(7101ヤード、パー72)で行い、首位でスタートした2年連続賞金王のプラヤド・マークセン(52、タイ)が3バーディー、1ボギーの70で回り、通算13アンダー、203で大会連覇を果たした。優勝賞金は1400万円。台湾開催の富邦仰徳シニア盃に次ぎ今季2勝目で、ツアー通算10勝目。

久保勝美が1打差で2年連続2位。倉本昌弘が10アンダーの3位、水巻善典が8アンダーの4位だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン