2018年12月17日(月)

テレビの中継ポジションは160万円
米朝首脳会談ライブ

ビジュアルデータ
2018/6/10 15:47
共有
印刷
その他

米朝会談会場であるシンガポール・セントーサ島のホテル、カペラを背景にテレビ中継をするポジションは1日2万シンガポールドル(約160万円)――。歴史的会談の取材はメディア各社にとり、かなりの高コストとなっている。

会談取材に登録した記者の数は3000人超。シンガポール政府は10日朝、特設の「国際メディアセンター」を自動車レース、フォーミュラ・ワン(F1)のピット・ビルディングに開いた。12日の会談に先駆け、海外から続々と取材陣が到着している。

シンガポール国営テレビ局、メディアコープがとりまとめる取材設備の使用コストは高額だ。同島内の中継ポジションは豪雨に備えた大型テントで、同時に10社まで使用できる。1時間あたりの使用料は3000シンガポールドル。セントーサ島の会談会場のホテル付近はすでに厳しい警備態勢がしかれており、取材規制もあるため、すでに多くのポジションが予約済みだという。

一方、島から6キロメートル超離れた国際メディアセンターの外の中継ポジションの料金は1日1万5000シンガポールドル、1時間2000シンガポールドルだ。

共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報