2018年12月17日(月)

拝啓 ベーブ・ルース様

フォローする

大谷故障、リリースポイントに見えていた兆候
スポーツライター 丹羽政善

(1/2ページ)
2018/6/11 6:30
保存
共有
印刷
その他

大谷翔平の右肘の張りの原因は、内側側副靱帯損傷だった。

3週間はノースロー。その後、再検査をするというが、場合によっては、いわゆるトミー・ジョン手術(側副靱帯再建術)を必要とする重症である。そのことがエンゼルスから発表された8日、全米で大きく報じられたのも、ことの大きさを物語っている。

兆候はあった。

5月30日のタイガース戦。リリースポイントが、これまでとは異なる変化を見せていた。図1は、その30日のリリースポイントの高さを示したものだ。

試合を通して徐々に低く

今回はフォーシーム、いわゆる直球に絞って話を進めるが、これを見るとリリースポイントは10球目にかけて大きく下がっているのがわかる。その差約9センチ。その後、なぜか19球目に大きく下がった後、しばらく5.95フィート(約181.3センチ)前後で推移する。次の変化は30球目前後。再びそこから下がり始め、最後の球は5.80フィート(176.8センチ)で、この日一番低かった。

リリースポイントそのものは、大谷の場合、頻繁に上下する。つまりばらつきがあり、決して再現性は高くない。ただ今回、改めて大谷が先発した全試合を確認したが、1試合を通して徐々に下がっていく、という傾向が見られたのは、このときが初めてだった。

無論、これだけでは何かを判断することはできない。

問題は、どう下がったか、である。

それを知るには、さらに2つのデータを併せて確認する必要がある。1つはエクステンション(ピッチャープレートの中央からリリースポイントまでの距離を測ったもの)で、長ければ長いほど打者寄りで投げていることになる。これが仮に、リリースポイントの高さに連動して長くなっているなら、ボールを前で離そうとしている結果、低くなったと考えられる。

それであれば特に問題はないと思うが、5月30日のエクステンションを調べた結果、リリースポイントの高さとの明確な連動は見られなかった。

ということは、リリースポイントが三塁側にずれたことで、下がった可能性がある。そうであれば要注意だが、データを調べてみると、まさにそういう結果だった。

図2の縦軸はピッチャープレートの真ん中から、どれだけリリースポイントが三塁側なのか、その距離を示したもの。改めて図1と比較すると、リリースポイントが下がるのに伴って、三塁側へずれていることが分かる。試合序盤と比べれば、最終的には0.5フィート(約15.2センチ)ほど差があった。

つまり、リリースポイントが低くなったのは、三塁側にずれたからだった。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

大リーグコラム

電子版トップスポーツトップ

拝啓 ベーブ・ルース様 一覧

フォローする
大谷(中央)は「結果が悪かったときにどう捉えていくかが大事だ」と分析する=共同共同

 大事な場面で三振を取れば、マウンド上で感情をあらわにする大谷翔平(エンゼルス)だが、記者会見の表情から読み取れるものは決して多くはない。とはいえ、ときにその素顔や価値観をのぞかせることがある。大谷が …続き (11/27)

大谷が一歩ずつ課題を乗り越え、メジャーに適応していった=共同共同

 大事な場面で三振を取れば、マウンド上で感情をあらわにする大谷翔平(エンゼルス)だが、記者会見の表情から読み取れるものは決して多くはない。うれしいのか、悔しいのか。その日、たとえば2本塁打を打ったのか …続き (11/26)

右肘手術を受けることが決まり、記者会見する大谷=共同共同

 あれは8月半ば、いや、9月頭の米テキサス遠征でのことだったか。
 まるで冷蔵庫のように冷房が効いた大リーグ、レンジャーズ本拠地のビジターチームのクラブハウスにいたときのこと。バックパックを背負ったエン …続き (10/1)

ハイライト・スポーツ

[PR]