2018年6月19日(火)

関東・東海、11日にかけ大雨の恐れ 台風5号

社会
2018/6/9 22:41 (2018/6/10 6:49更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 大型の台風5号は9日、発達しながら沖縄の南の海上を北寄りに進んだ。10日には沖縄・大東島地方に接近し、猛烈な風で大荒れになる見通し。台風から梅雨前線に暖かく湿った空気が流れ込み、関東甲信や東海を中心に11日にかけて1時間に30ミリ以上の激しい雨が降り、大雨になる恐れがある。土砂災害や河川の増水への注意が必要だ。

 気象庁によると、台風5号は10日午前1時現在、沖縄の南を時速約20キロで進んだ。中心…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワード



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報