2018年6月24日(日)

米、プルトニウム削減を日本に要求 核不拡散で懸念
政府、上限制で理解求める

米朝首脳会談
G7首脳会議
経済
政治
環境エネ・素材
北米
科学&新技術
2018/6/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 米政府が、日本が保有するプルトニウムの削減を求めてきたことが9日分かった。プルトニウムは原子力発電所から出る使用済み核燃料の再処理で生じ、核兵器の原料にもなるため、米側は核不拡散の観点から懸念を示す。日本は保有量の増加を抑える上限制(キャップ制)を導入し理解を求める。プルトニウムを再利用する核燃料サイクルを進める日本の原子力政策に影響を与えそうだ。

 プルトニウムの製造は核兵器への転用を防ぐため原…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報