/

この記事は会員限定です

日本代表写して半世紀 今井恭司さん

発信

[有料会員限定]

現在、オーストリアで合宿中のサッカーワールドカップ(W杯)の日本代表。現地には100人近い報道陣が駆けつけ、メディアで選手の顔を見ない日はない。

だが、日本サッカーには長い低迷期があった。テレビ中継は数える程度で、海外遠征への取材者は数人いるかどうか。サポーターの数少ない情報源となったのは、代表を追い続けたフリーカメラマン、今井恭司さん(72)。「チームとファンをつなぎ、サッカー界の発展に寄与した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り938文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン