2018年10月20日(土)

不当解雇の金銭解決、厚労省 制度設計に着手

2018/6/9 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

厚生労働省は裁判で不当とされた解雇の金銭解決制度の創設に向けて、具体的な制度設計に入る。法学者らによる会議で制度を固め、2019年から審議会で解決金の上限額などを議論する。金銭解決は上限額が低いと、不当な解雇が広がる懸念がある。一方で解雇のルール作りは経済界の要望が強く、厚労省は具体的な制度案をまとめることにした。

日本の労働法制は合理的理由や社会通念上の相当性を欠く解雇を禁じている。ただ実際に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報