/

この記事は会員限定です

「財源狙い撃ち」都、国に反発 地方税の見直し巡り

[有料会員限定]

東京都が税財源を巡り、国への対抗姿勢を強めている。政府が進める自治体間の税収格差を是正するための地方法人課税の見直しで、事実上都の税収の一部を地方に分配する仕組みを検討しているからだ。都は国の見直しは受益と負担の関係から逸脱するとして、14日に有識者会議を発足させるなど反対のキャンペーンを展開する。

「東京を標的にした税制の見直しが、地方が抱える財源不足の根本的な解決につながるとは思えない」。小池...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1187文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン