2018年11月18日(日)

最新ニュース

フォローする

西野J、実力差のまま0―2でスイスに完敗

2018/6/9 7:27
保存
共有
印刷
その他

スイスに敗れ、悔しそうな表情の長谷部(左)と武藤=沢井慎也撮影

スイスに敗れ、悔しそうな表情の長谷部(左)と武藤=沢井慎也撮影

やりたいサッカーを素直にぶつけ、実力差のままに素直に日本は完敗した。

スイスがぎこちなく、ミスもしてくれた前半に得点を奪っていれば金星も望めただろう。「向こうにやりたいことをさせてなかった。チームで確認しておきたかったことに一定の手応えはある」と本田。意欲的に球を追って高い位置で網にかけ、素早く攻撃に移る。あるいは左右にボールを行き来させながら打開の糸口をうかがった。

悪くはないボールの運び、攻撃だった。ただし世界ランク10傑のレベルの相手になると、「悪くはない」程度では勝利はついてこない。日本が好きにさせてもらえたのはペナルティーエリアの前まで。左右のクロスは悠々とはね返され、中央を突くパスや崩しも相手の読みと想定の範囲内。肝心なゾーンで「変化、迫力が足りなかった」と西野監督は認めた。

直前に大迫が負傷交代する事態があったにせよ、前半も終わろうかという時間に失点。後半のスイスはすっかり気を楽にして、伸び伸び攻めた。

後半、倒される武藤=沢井慎也撮影

後半、倒される武藤=沢井慎也撮影

1失点目ではSB酒井高が相手と入れ替わられて突破を許し、真正面で向き合わざるを得なくなったCB吉田との接触でPK判定が下された。「止めるならエリアの外ですべきだった。不必要なPK」と吉田は反省する。その前段の酒井高については「数十センチのアプローチ、ボールへのアタックの技術」(西野監督)の拙さが当てはまる。

守りの「個」の部分で破綻をきたし、攻めでは「個」の不足を補うグループワークをやり切れない。「相手の方がうまいのに、こっちが走りで上回れていない」と長友は振り返る。残り10日あまりで世界との差をひっくり返す可能性は低いと気がめいりそうになるが、西野監督のとらえ方は違う。「ネガティブになることはない。チームとしては危機感までは感じていません」

(ルガノ=岸名章友)

最新ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

最新ニュース 一覧

フォローする
サッカー日本代表コーチで、東京五輪男子代表監督の森保一氏=共同共同

 日本サッカー協会は20日、次期日本代表監督を議論・推挙する技術委員会を開き、関塚隆・技術委員長に選任を一任した。東京五輪男子代表監督の森保一氏(49)が最有力候補で、26日の理事会での承認を経て正式 …続き (7/20)

 日本サッカー協会は20日に東京都内で技術委員会を開き、東京五輪男子代表の森保一監督(49)が最有力候補となっている次期日本代表監督などについて議論する。委員会を経て、年齢制限のない日本代表と原則23 …続き (7/19)

優勝を果たし、喜ぶエムバペ(左端)らフランスの選手=三村幸作撮影

 ロシアで開かれたワールドカップ(W杯)は、サッカーにまつわる様々な常識が揺さぶられ続けた32日間だった。
 優勝したフランスのデシャン監督も「このようなW杯は記憶にない」と話した。「タフでインテンシテ …続き (7/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]