/

この記事は会員限定です

社債「宴の終わり」にらむ サムライ債も利回り急上昇

[有料会員限定]

社債市場で先行き警戒感がくすぶっている。欧州ではイタリアで連立政権が発足し、新興国でも国際通貨基金(IMF)のアルゼンチン支援が決まり、動揺はひとまずおさまってきた。だが、金融緩和が支える債券バブルの終わりをにらみ、投資家はリスクに敏感に反応しやすくなっている。静けさを保ってきた日本でも、サムライ債(円建て外債)の利回りが急上昇するなど波紋が広がる。

「『宴の終わり』がいつやってくるか、不安の中で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1486文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン