2018年12月15日(土)

東京都内の倒産、7カ月連続前年割れ 民間調べ

2018/6/8 22:00
保存
共有
印刷
その他

東京商工リサーチがまとめた5月の東京都の企業倒産件数(負債額1000万円以上)は前年同月比10%減の144件だった。前年同月を下回るのは7カ月連続だが、同社は「金融機関が事業性評価の視点で業績改善を取引先に求める動きを強め、今後は経営が改善しない中小企業の倒産が増える可能性がある」と分析している。

5月の倒産件数としては過去20年で2015年(126件)、16年(128件)に次ぐ3番目の低水準だった。

業種別で最も倒産が多いのはサービスの47件。情報通信(22件)、卸売り(19件)、小売り(18件)が後に続いた。受注好調の建設業は減少している。

負債総額は47%増の352億円。建設機械販売のビバックが負債185億円で経営破綻した影響が大きかった。

帝国データバンクが発表した5月の東京都の企業倒産件数(負債額1000万円以上)は前年同月比1件減の152件。負債総額は32%増の354億円だった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報