/

訪日客の相談24時間対応、都がコールセンター開設

東京都は訪日客を対象にした毎日24時間対応のコールセンターを開設した。英語、中国語、韓国語で観光・交通情報を提供するほか、体調不良の際には多言語の医療機関案内サービスなどにつなぐ。花火大会の情報や乗り換え案内などを訪日客が気軽に問い合わせできるコールセンターの開設で都内を訪れる外国人の観光を手助けする。

利用者は電話かスマートフォンのアプリを使い、無料で相談員と話せる。日本語のパンフレットの画像を電子メールで送付すると翻訳してくれるほか、体調が悪くなったときには外国語で受診可能な病院の紹介を受けられる。

都はこれまで宿泊施設や飲食店、タクシー内でのやりとりを通訳するコールセンターを開設していた。訪日客が困ったときにいつでも相談できる体制も整えて、都内観光の満足度を上げる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン