/

この記事は会員限定です

中堅企業、手元資金厚く 研究開発に積極活用

NEXT1000

[有料会員限定]

日本経済のけん引役として期待される中堅上場企業「NEXT1000」を対象に、2017年度で正味の手元資金(ネットキャッシュ)が多い企業をランキングしたところ、医薬や半導体、介護関連など市場拡大が見込まれる分野の企業が上位に入った。本業で着実に現金を稼ぐほか、成長期待を背景に資金調達にも成功している。厚みを増す資金を攻めの投資に充て、成長のスピードを加速させる。

1位 サイバーダイン 装着型ロボ、世界普及へ

サイバーダインは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2787文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン