/

この記事は会員限定です

仮想現実で運転練習 広島市大発「ランバス」がシステム

[有料会員限定]

広島市立大学発のスタートアップ企業、ランバス(広島市)は仮想現実(VR)用ゴーグルと、それに連動して動く座席を組み合わせて運転や操縦技術を身につけるシステムを開発した。音や映像に合わせて座席が動き、より現実の感覚に近づけることができる。省スペースのシステムとしてフォークリフトを運転して倉庫内で作業をする研修などでの利用を見込む。

VRのコンテンツやソフトウエアを開発するビーライズ(広島市)の技術と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り667文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン