2018年11月14日(水)

仮想現実で運転練習 広島市大発「ランバス」がシステム

2018/6/8 19:24
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

広島市立大学発のスタートアップ企業、ランバス(広島市)は仮想現実(VR)用ゴーグルと、それに連動して動く座席を組み合わせて運転や操縦技術を身につけるシステムを開発した。音や映像に合わせて座席が動き、より現実の感覚に近づけることができる。省スペースのシステムとしてフォークリフトを運転して倉庫内で作業をする研修などでの利用を見込む。

VRのコンテンツやソフトウエアを開発するビーライズ(広島市)の技術…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報