2018年8月16日(木)

マゼランシステムズジャパン・岸本信弘社長 GPSへの道 開いたヨット
ポートレート

スタートアップ
関西
2018/6/8 18:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 11月から運用が始まる日本版全地球測位システム(GPS)衛星の「みちびき」。マゼランシステムズジャパン(MSJ、兵庫県尼崎市)はみちびきに対応したチップ型受信機を開発・販売する。数センチメートル単位で物体の位置を把握できる性能を武器にドローンや自動車への導入を目指す。岸本信弘社長(60)がMSJを起業したのは、ヨットマンとしての自身の経験からだ。

 滋賀県彦根市の出身で、琵琶湖畔で育った。父や伯母…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報