/

この記事は会員限定です

働き方改革で夫は変わるか 家事時間、北欧の半分以下

[有料会員限定]

安倍政権が今国会の最重要課題とする働き方改革関連法案が参議院で審議中だ。時間外労働の上限を新設するなど、長時間労働の是正が柱の一つ。日本は先進国の中でも夫の家事時間が極端に少ない国。働き方改革は、夫婦の家事分担の見直しにつながるのか。

目標は「1日2時間30分」 現状はほど遠く

内閣府が2017年にまとめた調査では、6歳未満の子どもを持つ日本の妻の家事・育児時間(16年、1日あたり)は7時間34分。一方、夫は1時間23分と妻の5分の1以下だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り882文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン