2019年1月18日(金)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,910,204億円
  • 東証2部 72,830億円
  • ジャスダック 87,181億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.15倍 --
株価収益率12.97倍13.07倍
株式益回り7.70%7.64%
配当利回り1.95% 2.04%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,661.04 +258.77
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
20,640 +290

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

平野憲一の投資道場[映像あり]

1月17日(木)14:20

厚労相「信頼回復急ぐ」 特別監察委が初会合[映像あり]

新天皇祝賀パレード 車両は「センチュリー」

1月17日(木)13:00

[PR]

スクランブル

フォローする

じわり進む選別投資 投資家はリスクを再点検
証券部 松本裕子

2018/6/8 17:12
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国の利上げなどを通じて世界の過剰流動性が着実に縮小しているなか、投資家は少しずつ選別姿勢を強めている。リスクに敏感になった投資家は、世界の株式市場の中でもボラティリティー(変動率)の高い市場を避け、ボラティリティーの低い市場に資金を振り向ける。足元では日本株にもそうした資金の一部が向かっていたようだ。だが、この流れがいつまで続くかは不透明だ。

日経平均株価は8日こそ下落したものの、週間では2%…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム