2018年10月21日(日)

「民泊 不毛の地」 ナゴヤに新たな波

コラム(地域)
2018/6/11 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京や大阪に次ぐ経済規模だが、民泊物件数は10分の1以下の名古屋。「民泊の不毛の地、ナゴヤ」ともされてきたが、15日の民泊解禁に向けて参入の動きが徐々に活発になってきた。仲介最大手の米エアビーアンドビーが現行ルールの許認可などがない施設の予約を取り消した「エアビーショック」が拡大。「合法物件なら一定の需要が見込める」と届け出を準備する動きが広がっている。

■「強制キャンセル」 AKBファンも悲鳴

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報