前豊能町長ら3人告発 ダイオキシン無断廃棄

2018/6/8 11:46
保存
共有
印刷
その他

大阪府能勢、豊能両町でつくる豊能郡環境施設組合がダイオキシンを含んだ廃棄物を無断で神戸市に埋め立てた問題で、組合議会は8日、調査特別委員会(百条委員会)で虚偽証言をしたとして、組合管理者だった田中龍一前豊能町長ら3人に対する地方自治法違反容疑の告発状を大阪地検特捜部に提出した。

他の2人は中井勝次前豊能副町長と高木仁前組合事務局長。

告発状の提出後、岡本一志組合議長は取材に「田中氏らは事実に反することを述べている。検察は十分納得できる判断を下してほしい」と話した。田中氏らは「意に沿わないわれわれの主張を部分的に指摘した不当な告発だ」とのコメントを出した。

告発状によると、組合が廃棄物処理を依頼した福岡県大牟田市の業者との処理費を巡るやりとりについて、田中氏らが偽証したとしている。

廃棄物は1997年にダイオキシン汚染が発覚した能勢町のごみ焼却施設の解体後に出た焼却灰や汚泥。組合は大牟田市の業者による処理が頓挫したため、2016年2月に神戸市に通知せず同市西区の最終処分場に埋めた。

百条委は経緯を調査し、今年3月にまとめた報告書で田中氏らが違法行為を繰り返し、百条委で偽証したと指摘した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]