2018年6月23日(土)

6/23 15:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 40年ぶり続落記録を食い止めたOPEC[有料会員限定]
  2. 2位: 破綻した日本海洋掘削の市川社長「市況読み誤った」
  3. 3位: ワールドが再上場 MBOから13年、経営再建にメド[有料会員限定]
  4. 4位: もう1つの「現金は王様」 株相場、波乱に備え[有料会員限定]
  5. 5位: 金、崩れた1300ドル圏 地政学リスクが後退[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,516.83 -176.21
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,460 -140

[PR]

マーケット > 海外 > NY特急便 > 記事

NY特急便

フォローする

違和感残る「恐怖指数」低下 投機筋の取引拡大が影
米州総局 宮本岳則

北米
2018/6/8 7:03
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 米国株式市場では波乱への警戒が緩んでいる。将来の相場変動率(ボラティリティー)を映すVIX指数、別名「恐怖指数」の前日終値は11.64となり、1月下旬以来の水準に低下。7日はやや値を戻したものの、2月に37まで急上昇し、株価急落を招いた面影はない。貿易摩擦や金融政策の変更など波乱の芽は残っているが、「平穏」を取り戻した背景にはヘッジファンドの存在があった。

 「VIX指数がこのまま低い水準で推移す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

ニューヨーク市場の動き

NY特急便 一覧

フォローする

新着記事一覧

読まれたコラム