2018年11月20日(火)

トランプ氏、拉致問題の提起を明言 米朝首脳会談で

2018/6/8 5:58
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=地曳航也】安倍晋三首相は7日午後(日本時間8日未明)、ホワイトハウスでトランプ米大統領と会談した。トランプ氏は12日の米朝首脳会談で日本人拉致問題を提起すると明言。首相も終了後の共同記者会見で拉致問題解決のための金正恩(キム・ジョンウン)委員長との直接会談に意欲を示した。通商問題では、トランプ氏が対日貿易赤字の削減の必要性を訴えた。

両首脳は12日にシンガポールで予定する米朝首脳会談に向け対北朝鮮政策をすり合わせた。北朝鮮から非核化に向けた具体的な行動を引き出すため、国連安全保障理事会の制裁決議などを継続する方針で一致した。

通商問題を巡っては、首相が日本企業による米国の雇用拡大への貢献を説明。日米の新たな通商の枠組み「FFR」の初会合を7月に開催することで合意した。

トランプ氏は共同記者会見で「現在、日米の貿易不均衡はかなりの額に上っている。米国の日本への輸出はバランスの取れたものでなければならない」と指摘した。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報