2018年9月19日(水)

モンゴル、資源支えに経済回復 北朝鮮と独自パイプも

アジアの未来
2018/6/12 5:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 広大な草原や遊牧民、チンギスハン、相撲――。モンゴルという国名を聞いて、多くの日本人が思い浮かべるイメージはそんなところだろうか。鉱物資源が豊富な国で、最近の資源高を受けて経済成長が見込まれている。政治・外交面では北朝鮮と独自のパイプがあり、国際政治の場でも独特の存在感を示している。

 モンゴルは日本の4倍の国土を持つが、人口は300万人強にすぎない。ただ、石炭や銅、レアメタル(希少金属)などの鉱…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報