2018年10月21日(日)

千葉県、県内3行と災害時の協力協定

2018/6/7 23:00
保存
共有
印刷
その他

千葉県は7日、千葉銀行京葉銀行千葉興業銀行の各行と、大規模災害時に協力する協定を結んだ。3行が預金の緊急払い出しで連携するほか、各行の本店や支店で帰宅困難者を受け入れる。県が金融機関と防災関連の協定を結ぶのは初めてという。

預金の緊急払い出しでは、顧客が利用する支店が被災した場合、近隣の他行の支店でも預金の払い出しに応じる。現金を調達しやすくなることで、被災直後の生活支援につなげる。各支店で帰宅困難者や地域住民の避難を受け入れるほか、県が発信した災害関連情報を各支店の情報端末などで提供する。

千葉銀は20年秋の完成に向けて本部棟の建て替えを進めており、今年2月に県に協力を申し出。これをきっかけに、3行で協力する枠組みを整えた。千葉銀の木村理副頭取は「情報提供など、災害時に新たな役割を担うことができると考えている」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報