2018年10月19日(金)

北海道ワイン講座が開講、道外の産地研修も導入

2018/6/7 22:30
保存
共有
印刷
その他

北海道は7日、ブドウ農家やワイン醸造家など道内でワインづくりに携わる人の技術や知識を高めるための講座「北海道ワインアカデミー」を札幌市内で開講した。2018年度で3回目だが、今回は初めて道外の産地で研修も予定する。今秋から「日本ワイン」の表示が厳格化されることから、道は講座を通じて道産ワインのブランド力向上を目指す。

アカデミー開講式で挨拶する田辺由美名誉校長(7日、札幌市)

北洋銀行との共催で、北海道大学大学院などとも連携する。講座では道内外の講師からブドウの栽培法を学んだり、マーケティング技術を習得したりする。19年2月に修了式を行う。

名誉校長を務める池田町出身のワインコンサルタント、田辺由美さんは「北海道の個性あるワインで、世界にも通用するワインをこれから造っていかなければならない」と受講者を鼓舞した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報