/

この記事は会員限定です

地域医療、IoTで支援 オプティム 佐賀大と研究所

緑内障診断、AIで精度向上/遠隔見守りに患者宅テレビ活用

[有料会員限定]

佐賀大学発ITベンチャーのオプティムが、人工知能(AI)やモノがネットにつながる「IoT」を使った次世代医療の開発を進めている。「メディカル・イノベーション研究所」を佐賀大と共同で設立し、AIを活用した緑内障の診断支援システムを開発。在宅医療支援サービスの提供も始めた。佐賀県や県内医療機関との連携を生かし、現場の課題解決に取り組んでいる。

眼底画像を用いた緑内障の診断支援システムは美川眼科医院(佐賀市、西村...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り811文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン