2018年6月24日(日)

北朝鮮に航空機販売、NZ社 国連安保理制裁に違反

南西ア・オセアニア
アジアBiz
2018/6/7 18:29
保存
共有
印刷
その他

 【シドニー=松本史】ニュージーランド(NZ)の航空機メーカーが国連安全保障理事会の制裁決議に違反して北朝鮮に航空機部品を輸出し、罰金刑を科されていたことが7日分かった。ニュージーランド・ヘラルド(電子版)が報じた。2016年に北朝鮮の元山市で開かれた航空ショーでお披露目されたことがきっかけで、捜査が始まった。

 問題となったのはNZ北部ハミルトンにあるパシフィック・エアロスペース社。16年の航空ショー後、NZ税関や国連安保理の専門家パネルが調べていた。航空機はスカイダイビング用だが、落下傘部隊が使うことも可能という。罰金額は約7万5千NZドル(約580万円)。

 同社の最高経営責任者(CEO)は中国に輸出したと主張したが、過去のメールなどから、間接的に北朝鮮に輸出することを認識していたことが分かった。同社は国連安保理の制裁決議違反3件とNZの関税関連法違反1件で罪を認めている。

保存
共有
印刷
その他


[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報