/

この記事は会員限定です

「デジタルファースト法案」次期国会に提出へ 行政手続き、電子申請に統一

[有料会員限定]

政府は、企業や個人の行政手続きを原則として電子申請に統一する「デジタルファースト法案」の概要を固めた。インターネット上で本人か否かを確認し、住民票などの添付書類を提出しなくてすむようにする。スマートフォンやパソコンを通じて転居時の住所変更や法人設立の手続きができる。今秋に想定する臨時国会への提出を目指す。

8日に開くデジタル・ガバメント閣僚会議(議長・菅義偉官房長官)で示す。法案には行政手続きにつ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り281文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン