2019年3月24日(日)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,168,825億円
  • 東証2部 76,761億円
  • ジャスダック 91,662億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率13.54倍14.13倍
株式益回り7.38%7.07%
配当利回り1.86% 1.94%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,627.34 +18.42
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
21,340 -90

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

3月22日(金)14:20

第一生命 虎ノ門の新ビルに600億円投資[映像あり]

日本郵便 郵便局の敷地で「レベル4」の自動運転

3月22日(金)13:00

[PR]

スクランブル

フォローする

つかの間の円安株高 緩和のひずみ噴出も
編集委員 松崎雄典

2018/6/7 17:20
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

今年は米国の金融引き締めを世界経済がやり過ごせるかが焦点だ。何度も耐性を探る動きが証券市場で繰り返されると予想され、足元の株高は、しばしの「休息」のなかでの現象にすぎない。米金利が次に天井を試せば、新興国の債務問題などこれまでの金融緩和で覆い隠されたひずみに再び警戒感が高まりかねない。

「どっちつかずの中間点。長続きしない」。7日の株式市場で日経平均株価が2週間ぶりの高値を回復するなか、運用会社…

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム