2018年11月16日(金)

中国の自動運転開発、新興企業が主役
百度出身者の起業相次ぐ 2020年商用化目指す

スタートアップ
2018/6/8 13:04
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国で自動運転の開発競争が激しくなっている。主役は創業からおよそ1年の新興企業だ。中国で自動運転技術をリードしてきた百度(バイドゥ)出身者が相次ぎ起業している。政府の支援を受けた各社は多額の資本調達にも成功。圧倒的なスピードを武器に2020年をメドに高レベルでの自動運転の商用化を狙う。米中摩擦が激しくなるなか、ハイテク分野の自動運転は特に米中の主導権争いが激しい。世界一の新車市場を抱える中国の自…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報