2018年11月16日(金)

人口減少時代の公共交通(1) 総交通量も急減の可能性
大阪大学特任教授 土井勉

やさしい経済学
コラム(経済・政治)
2018/6/8 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国立社会保障・人口問題研究所の将来人口推計によると、日本の2045年の総人口は1億640万人となり、15年に比べて16.3%、2000万人以上も減少する見通しです。これは現在の近畿2府4県の合計人口が30年間で消えてしまうほど、大規模で急速な人口減少が予想されているということです。

人口が減少すると、移動する人数も減少して交通量は減少します。また高齢者は現役で働いていた頃に比べて外出する回数が減…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報